茎わかめコラム

アースデイ東京2017「1000人こども食堂」レポート

2017.05.08

4月22日、23日に開催されたアースデイ東京2017内の企画「1000人こども食堂」に、壮関の茎わかめを1,000個提供させていただきましたので、その時の模様をレポートします。

今回の取り組みは、1000人こども食堂を主催するNPO法人ビーグッドカフェに協賛する形で実現しました。「茎わかめLIFE」サイトのテーマとなっている、「お子さんに安全・安心なおやつを食べていただきたい」というコンセプトに基づく最初のアクションです。

「こども食堂」は、全国的なムーブメントとなっている社会的支援活動です。家庭の事情で、独りで食事をすることや、出来合いの食事になってしまっている子どもたちに、愛情いっぱいの温かいごはんをみんなでおいしく楽しく味わって、笑顔になってもらうために、各自治体や地域で自然発生的に生まれています。 「1000人こども食堂」では、安全・安心なオーガニック食材にこだわった美味しく温かい食事を提供していました。メニューは、鹿肉ハヤシライス、茹で野菜、野菜スープでした。

 当日は、多くの親子連れが訪問し、オーガニック食材で作られたハヤシライスとともに、茎わかめを食べていただきました。

茎わかめを、初めて食べたお子さんや、親御さんが「おつまみ」として食べていたので、食べたことがあるお子さんなど様々でしたが、多くのお子さんに美味しく食べていただいたようです。

あるお母さんからは、「子供の健康おやつとして、今後も食べさせたい」というお言葉をいただきました。お子さんがサッカーをやっているということで、いつもお腹をすかしているお子さんのチョットしたおやつにちょうどいいとのことでした。

今後も、このような子供の健康や食育に関連するイベントに協賛してまいります。本取り組みにご興味がある方は、本ホームページ内の「お問い合わせ」からご連絡ください。

ピックアップ商品 ピックアップ商品 Pickup