茎わかめコラム

~常備菜レシピ~茎わかめと牛肉のしぐれ煮

2019.05.28

今回ご紹介するのは、茎わかめの食感を楽しめる常備菜レシピ。

牛肉やキノコとの相性も良いしぐれ煮で、熱々のごはんにピッタリなメニューです。うす塩味の茎わかめをまるごと具に使うことで、程よい塩気と風味が加わり、お酒の肴にもなります。

冷蔵庫で5日程度日持ちするので、多めに作って保存しておいても。

茎わかめに含まれる水溶性食物繊維はおなかでふくれ、お肉のコレステロールを体の外に排出してくれます。(詳しくはここをクリック:肉食社会には茎わかめ?!)手軽に美味しく腸活レシピをお楽しみください。
 
エネルギー たんぱく質 脂質 炭水化物 食物繊維 食塩相当量
197 kcal 9.2 g 16.1 g 7.4 g 2.9 g 1.2 g
 
材料
 茎わかめうす塩味 10個包装
 牛肉 200g
 しめじ 1/2個
 生姜  20g
 ゴマ油 小さじ2
 A:白だし 小さじ2
    みりん    小さじ2
    醤油 小さじ1/2
 白いりごま  大さじ1
 
作り方
① 牛肉は2㎝幅に切る
② しめじは石づきを切り、小房に分ける
③ 生姜はせん切りにする
④ フライパンにごま油と生姜を入れて弱火で熱し、香りがたったら①を入れてほぐしながら炒める
⑤ ④の色が変わったら②を加えてしんなりするまで炒め、Aで調味する
⑤ ⑤の汁気がなくなるまで炒め、器に盛り白ごまをふる
 

内藤 麻里子 (料理講師・管理栄養士)

企業の料理教室講師や外食産業のメニュー開発を経て独立。その後「食をカスタマイズするe'pice」を主宰し、栄養、料理と食を多角的に提案していくことを目標に、子どもたちから大人までが楽しめる体にやさしい総菜やスイーツを幅広く開発・提案している。