茎わかめコラム

茎わかめのたこ焼き風卵焼き

2019.04.29

今回ご紹介するのは、たこの代わりに茎わかめを使って食感と昆布の旨みをプラスしたアレンジレシピです。

糖質が気になる小麦粉は使わず、卵と茎わかめだけで焼き上げました。

たこ焼きの代わりに食べれば、糖質オフのおやつやおつまみにもなりおすすめです。

また茎めかぶには、肌細胞の老化防止や肌のうるおいをキープしてくれる、女性にはうれしい成分が含まれています。

日差しが気になるこれからの季節、紫外線対策やシミ予防のためにも、積極的に摂りたい食品のひとつです。(詳しくはコラム春の紫外線に茎わかめ!?

エネルギー たんぱく質 脂質 炭水化物 食物繊維 食塩相当量
221 kcal 14.2 g 13.7 g 16.9 g 3.1 g 4.1 g
 
材料(2人分)
 茎わかめ 5個包装
 卵 4個
 小ねぎ 8本
 紅ショウガ 20g
 砂糖  大さじ1
 塩 ひとつまみ
 サラダ油 大さじ1/2
 A: お好み焼きソース 大さじ1
   かつお節 1/2パック
   青のり 小さじ1
 
作り方
① 茎わかめは食感が残るように大きめに刻む
  小ねぎと紅ショウガはみじん切りにする
② ボウルに卵を割りほぐし、砂糖と塩を加えて①を混ぜ合わせる
③ フライパンに油を敷き、しっかり熱したら②の半量を流し入れる
     半熟状にした卵を向こう側にまとめたら、手前に巻いて再び向こう側に移す
④ サラダ油を敷き、残りの卵液の半量を流し入れて同様に巻く
⑤ 残りの卵液も同様に焼き取り出す
⑥ 食べやすい大きさに切り、Aをトッピングする
 

内藤 麻里子 (料理講師・管理栄養士)

企業の料理教室講師や外食産業のメニュー開発を経て独立。その後「食をカスタマイズするe'pice」を主宰し、栄養、料理と食を多角的に提案していくことを目標に、子どもたちから大人までが楽しめる体にやさしい総菜やスイーツを幅広く開発・提案している。