茎わかめコラム

茎わかめと一緒に摂りたいおすすめの油

2018.06.11

1日の気温差が激しく、風邪など体調を崩す方も増える時期。また、この時期は、うっかり日焼けにも気を付けたいですね。

体の免疫力アップにも美肌対策にも腸を活性化させることが必要で、茎わかめは善玉菌のえさとなるため、おすすめの食べ物とお伝えしてきました。

今回は、この茎わかめの効果を更に高めてくれる食事にプラスして頂きたい""をご紹介します。

●油が細胞を整える?

"油"と聞くと、"太る""美容の敵"など、ネガティブなイメージを持たれる方が多いと思います。

ですが、実は、私たちの体を構成するためには必要不可欠なもので、取り方によっては私たちの体を構成する細胞を整えてくれるものなのです。

私たちの体は60兆個の細胞で構成されています。

その、細胞の膜を構成しているのが""です。油をとることで、皮膚や髪の毛だけでなく、腸を含めた内蔵などの細胞も作られ、日々修復されていくのです。

細胞を整えるための油の取り方とは?

少し、専門用語を使いますが、油には体のなかでは構成されず、食事から摂る必要がある必須脂肪酸と呼ばれるものがあり、その中でも、オメガ6とオメガ3という全く性質の違う2種類の油が存在します。

オメガ6は、炎症を促進させる働きを持ち、オメガ3は炎症を抑える働きがあります。

炎症を促進させるならオメガ6は摂らない方がよいのでは。と思う方もいらっしゃると思いますが、実は、細胞の膜を作るためにはオメガ6とオメガ3がどちらも必要なのです。割合としてはオメガ64に対して、オメガ31の割合で摂ることがおすすめです。

●良い油は体をキレイにする?

炎症を抑える働きのあるオメガ3はどのようなものに含まれているか。

有名なものだとお魚の油です。EPADHAとも呼ばれています。お魚を食べると頭がよくなると言うことを聞いたことがあるかもしれませんが、良い油をとることで脳の細胞も作られるので頭が良くなると言われています。

ただ、なかなかお魚を食べる機会がない方、また料理が面倒という方におすすめなのが、亜麻仁(あまに)油です。

亜麻仁油は、ここ数年でスーパーなどでも見かけるようになりましたが、オメガ3を含む油で、手軽に摂ることができるためおすすめです。

亜麻仁油を摂ることで、腸の細胞も肌細胞も作られます。

亜麻仁油で細胞から腸を整え、茎わかめを食べて善玉菌を増やし、腸内環境を整えることで、お通じ改善など腸の活性化だけでなく、免疫力アップ、肌のターンオーバーの活性化にもつながります。

●亜麻仁油のおすすめの取り方とは?

亜麻仁油は、熱に弱いという性質があり、炒めたり揚げたりする加熱調理には向いていません。そのため、サラダや料理の仕上げにかけることをオススメします。

・茎わかめ+亜麻仁油+胡麻

→腸の善玉菌のエサとなる茎わかめと、細胞を整える亜麻仁油の最強コンビ。このまま食べても、レタスなどの野菜に乗せてもGOOD

茎わかめは胡麻の風味もよく合うためおすすめです。

・亜麻仁油+オリーブ油+酢でドレッシング

→亜麻仁油には少しクセがあるため、オリーブ油を合わせるとクセが抑えられます。オイルにお好みのお酢(穀物酢、バルサミコ酢、赤ワインビネガーなど)をかけると、簡単にドレッシングが完成。

茎わかめをサラダ感覚でお召し上がりいただけます。

どうしても、飽和脂肪酸やオメガ6などの油に偏りがちな現代の食事。

意識的に良質なオメガ3の油を取り入れて、体の内側からキレイを目指しましょう!

 

平林沙織 (管理栄養士、美腸プランナー)

美腸協会にて腸マッサージを学び資格取得。


社員食堂や大手アスリート向けサプリメント会社での勤務を経て、現在、働いている方から子育て中のママさん、また学生に向けてフリーで講演会などを行う。