茎わかめコラム

“食欲の秋”対策に茎わかめ

2018.09.14

秋と言えば、“食欲の秋”。

果物やお芋、栗、あぶらののったお魚、そして秋の味覚を使った甘いスイーツなど、ついつい目を引く商品が店に並び始め、また猛暑も落ち着き食欲が湧いてくる時期も重なり、ついつい食べすぎてしまいやすいこの時期。

夏は露出が多い時期だからとダイエットを頑張っていた方も、ついついリバウンドしやすい時期でもあります。

でも、せっかくの秋の味覚、美味しく、楽しく堪能したいですよね。

食べたいのを我慢して食べる量を減らすのではなく、自然と食べすぎを抑えながら美味しく食べる事が出来る工夫をしてみましょう!

●食べすぎてしまう原因とは?

食べすぎると自分の消費するエネルギーよりも取り入れるエネルギーが多くなり、過剰なエネルギーが身体に溜め込まれ脂肪となり、太る要因となります。

では、そもそも、なぜ食べすぎてしまうのでしょう。

 

1つは、良く噛まずに食べていること。

人は噛む事で脳の満腹中枢を刺激し、満腹である事を認識します。

そのため、良く噛まずに食べるとなかなか満腹感を感じにくく、つい食べすぎてしまいます。

早食いをすると、噛まずに食べることが多くなるため、食べすぎに繋がる事が多くなります。

 

2つ目は、栄養が満たされていないこと。

ボリュームある丼を食べたのに、何だか物足りない気がして、ついつい甘いデザートを食べてしまう。という経験、ありませんか?

 

実は、これ、身体からは不足している栄養があるよ!というメッセージかもしれません。

人の身体は本来とても正直で、水分が不足している時にのどが渇いたと感じるように、栄養が不足している時も、足りないよ!と声を上げます。ただ、なんの栄養が足りないか、までは詳しく教えてくれません。

ただ、外食での食事が増えると、炭水化物に偏る事が多く、ビタミン、ミネラルなどが不足しがちです。

不足した栄養がある事で、満たされない感じが続き、ついつい食べすぎに繋がってしまいます。

●食べすぎの予防には茎わかめ?

仕事や家事の合間など、ゆっくり食べたくても時間の取れない方、多いですよね。

また、食事もバランス良く野菜など取り揃えたくても忙しくてパンやおにぎり、麺だけ。という方も多いと思います。そんな時、おすすめしたいのが茎わかめです。

茎わかめを食事の前や間食に取り入れることで、自然と噛む回数が増え、満腹中枢を刺激し、栄養の面でも茎わかめにはミネラルも多く含まれています。

また、食物繊維も含まれている為、お腹の中で膨張し、食べすぎの防止に繋がります。

 

更に効果を上げるには、温かい飲み物をとりいれることがおすすめです。

温かいものは、冷たいものに比べお腹に重みを感じやすく満足感が得やすくなります。

間食に茎わかめと温かい飲み物を取り入れ、無理なく食べすぎを防いで、食欲の秋を楽しみましょう!

平林沙織 (管理栄養士、美腸プランナー)

美腸協会にて腸マッサージを学び資格取得。


社員食堂や大手アスリート向けサプリメント会社での勤務を経て、現在、働いている方から子育て中のママさん、また学生に向けてフリーで講演会などを行う。