茎わかめコラム

こりこり新食感!茎わかめお好み焼き

2018.02.19

レシピ考案者:新渡戸文化短期大学 2015年3月卒業 食品学研究室卒業研究生 金木尚志

日本人ならみんな大好きなお好み焼きですが、今回はちょっと変わったさっぱり味のお好み焼きをご紹介します。

そのコンセプトはもちろん茎わかめ。コリコリとした新食感と、栄養バランスの良さを同時に楽しめます。

また、入手可能なら、富山の白エビだしを隠し味で入れるとおいしさがさらにアップ。つけだれも、いつものソースではなくポン酢でいただくと、茎わかめの酢の風味とマッチしていっそうさっぱり感を味わえます。ふだん海藻をあまり食べないという方にも、こんなお好み焼きなら抵抗感なく召し上がれることまちがいなしですね。

  • 材料(1人分)
    長ネギ 50g
    キャベツ 100g
    茎わかめ 30g
    豚バラ肉 35g
    長いも 50g
  • 生地
    薄力粉 50g
    1個
    白えびだしスティック 1袋
    (かね七株式会社製:富山県)
    カツオ、昆布だしスティックでも代用可

トッピング
鰹節、青のり 適量

つけだれ
市販のめんつゆ2:ポン酢1

栄養価(1人前365gあたり)

エネルギー タンパク質 脂質 炭水化物 ナトリウム カリウム 亜鉛 ビタミンC
474kcal 18.8g 18.8g 56.0g 1024mg 745mg 2.1mg 2.0mg 0.19mg 51mg
 
作り方
山芋の皮をむいてすりおろす。
ボールに生地の材料を入れて混ぜ合わせる。
ネギは大きめの小口切りにする。
キャベツは大きめのみじん切りにする。
茎わかめを袋から出してみじん切りにする
スプーンで生地と野菜がしっかり絡まるまで混ぜる
 フライパンを熱して油を引き、生地を程よい厚みで形よくのせ、すぐに豚肉をのせる
 きれいな焼き色がついたら裏返し、豚肉に火が通るまで中火で焼く
 豚肉に火が通ったら、もう一度裏返し、中火で焼く
 青のり、鰹節をかけて、つけだれをつけていただきます

他にも簡単に作れる腸活レシピをコラムで紹介しています!ぜひご覧ください。

荒木葉子准教授 (新渡戸文化短期大学 准教授/生活学科食品学研究室)

海洋資源の有効利用の観点から、まだ私たちの食卓に供されていない海藻の食品としての利用を試みている。未利用海藻を料理に応用するだけでなく、様々な形態への加工、風味などに影響を及ぼす海藻のエキス成分に関する実験やアルギン酸のカプセル料理への応用について試作検討中。平成22年から東京ガス(株)との共同研究により、エコ・クッキングに関する研究にも取り組んでいる。

ピックアップ商品 ピックアップ商品 Pickup