茎わかめコラム

茎わかめができるまで~大船渡編~

2019.04.16

みなさん、茎わかめの収穫時期をご存知ですか?

春が訪れるこの季節、海の中ではわかめが大きく成長します。「茎わかめ」になるわかめの収穫も、3・4月に全盛期を迎えます。

わかめの収穫から茎わかめが出来るまでを、私たちと一緒にのぞいてみましょう。

朝4時半、岩手県大船渡の港から、わかめを採りに沖へと船を走らせます。

10分ほど波に揺られると、ブルーの海面下にゆらゆらと動くわかめが見えてきました。

去年の10月に幼葉を巻き付けたロープを船で引き上げ、食べ頃となったわかめを刈って収穫していきます。

指で指している「元茎」と呼ばれるわかめの根元部分が「茎めかぶ」。その手前の「茎(中芯)」の部分が「茎わかめ」になります。

できるだけ多くのわかめを船に積み込み、ふたたび港へ。

港へ戻るとすぐに、船着き場のすぐそばで湯通しと塩蔵の作業が始まります。

新鮮なうちにわかめが湯通しされ、茶色から綺麗な緑色に変化します。

そのあとすぐに塩漬けされ、大槌町にある壮関の工場に運ばれていきます。

次回 『茎わかめができるまで~大槌編~』へつづく

おすすめスポット『海鮮料理 平野屋』 (大船渡市)

大船渡駅の近くにある地物の魚介を使った和食が楽しめるお店。ここでぜひ一度食べて頂きたいのが、わかめのしゃぶしゃぶ!生のわかめを湯に通し、緑色になったらぽん酢につけて頂きます。味わったことのないわかめのおいしさに驚くはず。アワビや金目鯛など海の幸を贅沢に堪能できます。(住所:大船渡市大船渡町字野々田28-13、TEL:0192-27-5204)