茎わかめコラム

茎わかめを使った簡単レシピのご紹介パート2!

2018.03.27

食物繊維たっぷりコリコリ新食感!

茎めかぶ餃子

レシピ考案者:新渡戸文化短期大学 2015年3月卒業

食品学研究室卒業研究生

金木 尚志

みなさんは餃子を作るとき、具に何を入れますか?基本は、豚挽き肉、キャベツ、ニラ、ニンニクなど。そのあとは、お好みで何を入れても自由ですよね。そこで、今回はいつもとひと味違う「茎めかぶ」を加えた餃子にトライしてみませんか。茎めかぶには食物繊維がたっぷり。この食物繊維には、糖分やコレステロールの吸収を抑えたり、便秘を予防したりする効果があると言われています。ワカメの根元部分だけにコリコリシャキシャキした歯ざわりが楽しく、ヘルシーなのに満腹感も得られる「茎めかぶ餃子」をぜひ今夜の食卓へどうぞ。

材料(2人分)
豚挽き肉 150g しょうゆ小さじ 1/2
キャベツ 100g 塩小さじ 1/2
茎めかぶ 60g みそ大さじ 1
長ネギ 35g おろしにんにく 3g
ニラ 20g オイスターソース 1/2
おろししょうが 3g 餃子の皮 12枚
大葉 3g ごま油 少々

作り方       

① ひき肉に塩を入れ、白っぽくなるまでよく練ります。

② キャベツをレンジで柔らかくなるまで加熱します。

③ 茎めかぶを袋から取り出します。④ 取り出した茎めかぶ、キャベツ、ニラを粗みじん切りにします。⑤ 長ネギ、大葉をみじん切りにします。⑥ ①に④⑤をあわせ、オイスターソース、みそ、しょうゆを加えて混ぜます。⑦ 餃子の皮に⑥を包みます。⑥ フライパンに油を引き、温めながら餃子を並べます。⑦ 油からふつふつと音がしてきたら、湯をフライパンに入れ、蓋をして蒸し焼きにします。⑧ 餃子に火が通ったら、蓋を外して水分を飛ばします。⑨ 仕上げにごま油をかけながら、底面をカリカリに焼きます。⑩ 器に盛り付けて出来上がりです。次回の茎わかめレシピは「まぐろと茎めかぶのネバネバ和え」の作り方をご紹介します。お楽しみに。

荒木葉子准教授 (新渡戸文化短期大学 准教授/生活学科食品学研究室)

海洋資源の有効利用の観点から、まだ私たちの食卓に供されていない海藻の食品としての利用を試みています。
卒論ではこれらの未利用海藻を料理に応用するだけでなく、様々な形態に加工するための試作検討を行うとともに、風味などに影響を及ぼす海藻のエキス成分に関する実験やアルギン酸のカプセル料理への応用についても行っています。平成22年から東京ガス(株)との共同研究により、エコ・クッキングに関する研究も取り組んでいます。

ピックアップ商品 ピックアップ商品 Pickup