茎わかめコラム

茎わかめを使った簡単レシピのご紹介!パスタとピザ編

2017.10.31

今回は、茎ワカメを使った料理のレシピをご紹介します。

日本調理科学会で研究発表を行った2種類のレシピ、茎ワカメを使ったイタリア料理である、パスタとピザです!

茎ワカメというと和食のイメージが強いと思いますが、オリーブオイルの香りが漂うイタリア料理にも合うことがわかりました。

今回は、新渡戸文化短期大学の学生の皆さんにパスタ試作後の官能評価も行いましたので、その内容も簡単にご報告します。

(1)茎ワカメのパスタ(レシピ考案者:新渡戸文化短期大学 食品学研究室 大西 輝)

[材料:4人分]

茎ワカメ(塩蔵茎ワカメもどし)   40g

しらす                80g

塩                                        少々

こしょう                                     少々

パスタ                                    400g

ニンニク                                     20g

鷹の爪                                       12g

オリーブオイル                                 30cc

バター                                      20g

[作り方]

①パスタを茹でます。

②フライパンでニンニクと鷹の爪をオリーブオイルで炊きます。

③ニンニクがきつね色になったら、水を少量いれてフライパンの火を止めます。

④ ③にバター、しらす、茎ワカメを加えて加熱し、水と塩で味を整えます。

⑤ ④に①を入れます。フライパン上でオリーブオイル、粉チーズおよび水を乳化させつつ、麺をソースに絡ませて仕上げます。

バターと塩味をベースにした、茎ワカメの歯ごたえを楽しむパスタです。

パスタを茹でたら、その後はフライパンに順番に具材を加えて麺とソースを絡めるだけという、シンプルな工程で出来上がります。

今回、茎ワカメパスタの味を出来るだけ客観的に観察するために、小松菜で同様のパスタを作って茎ワカメパスタと比較し、新渡戸文化短期大学の学生10名を対象として、香り・味・色・コクについてどちらが好ましいと感じるかについての調査を行いました。

その結果、コクについては、特に茎ワカメパスタのほうが有意という結果がでました。この原因としては、渇藻類特有のアルギン酸などの水溶性食物繊維による保水性や、乳化性効果によるものだと考えられます。

このほかの感想のコメントとしては、

・小松菜パスタの方が、茎ワカメパスタよりも色合いが明るく発色が綺麗だった。

・小松菜パスタは苦味を感じてあっさりしていたが、茎ワカメパスタは味の深みを楽しむことができた。

・茎ワカメパスタには、小松菜パスタにはない歯ごたえがあった。

という報告がありました。

(2)茎ワカメのピザ(レシピ考案者:新渡戸文化短期大学 食品学研究室 大西 輝)

[材料]

茎ワカメ(塩蔵茎ワカメもどし)  10g

強力粉                            200g

しらす                              80g

モッツアレラチーズ                      100g

オリーブオイル                         10cc

塩                                  6g

イースト                            0.4g

[作り方]

①ボールに水と塩を入れ混ぜます。

② ①に強力粉のうち30gを入れて混ぜ合わせます。

③ ②にイーストも加えてしっかり混ぜ合わせ、残りの強力粉を入れて成形します。この時、べたつくようなら分量外の強力粉をまぶしながら行います。

④1枚を120gに分けて、丸形に成形してバットに並べます。

⑤濡れたふきんをかぶせて、常温で1時間放置します。

⑥布をはずし、少し空気が通るようにふんわりとラップをかけ、さらに6時間常温でねかせます。

⑦ ⑥を伸ばして具を乗せ、オーブンで焼きます。

ピザ生地の自然な甘さと、チーズ・茎ワカメの風味が合わさり、優しい味を楽しめるピザです。お好みでトッピングの茎ワカメの量を増やしてみてもいいかもしれません。

ぜひ、みなさんもご自宅で挑戦してみてください!

茎わかめLIFEでは、おやつやおつまみにぴったりの茎わかめについての情報をどんどんお届けしてまいります。どうぞ、ご期待ください!