茎わかめコラム

現代のミネラル不足に茎わかめ

2018.11.26

ミネラルとは糖質、脂質、タンパク質、ビタミンと並ぶ五大栄養素のひとつです。代表的なものとしてカルシウム、鉄、マグネシウム、亜鉛などが挙げられ、約100種類もあるミネラルのうち、それらを含む16種類がヒトにとって不可欠な必須ミネラルと呼ばれます。

カルシウムは骨や歯を、鉄は血液(赤血球)を作り、マグネシウムはタンパク質の合成やエネルギー代謝、亜鉛は味覚に作用するだけでなく、免疫を司り、生殖機能にも大変重要な働きをします。また、皮膚や目の健康のためにも必須です。このように、ミネラルは人間が生きるために欠かせないものとなっています。

●野菜のミネラルが減少?

ミネラルを多く含む食品として挙げられるのが野菜です。しかし、野菜の栄養素は昔に比べ、全体的に著しく減少しています。

この原因は、もともとミネラルが少ない日本の土壌がさらに痩せたため。その上、農薬や化学肥料の使用によってミネラルの量や種類が減っていると言われています。また、人工栽培により、旬の時期に関係なく収穫されることなども一因になっています。

私たちが野菜を食べることによって、本来得られたはずのミネラルやほかの栄養素をきちんと確保することが難しくなってきています。また、そもそも食生活の変化から、ファストフードなどの利用で野菜が極端に少ない食事が増えたり、乳製品や小魚を摂ることが減っていたりするため、野菜の摂取量も減っており、現代人はミネラル不足を招いています。

●ミネラルの摂りすぎは危険?

ミネラルが不足していると聞き、手軽にミネラル補給できるものとして思い浮かぶものはサプリメントではないでしょうか。しかし、ミネラルは体の中で、互いにバランスを保つことで体が機能します。そのため、どれか一つが過剰になることでバランスが崩れ、かえって障害を招くことがあります。例えば、カルシウムの摂り過ぎで高カルシウム血症、鉄や亜鉛の吸収障害などです。

補給しやすいからといって、安易に多用することは、十分注意したいですね。

●茎わかめでミネラル補給?

野菜のミネラル分が不足していると言っても、日常の食事にミネラル豊富な食材を取り入れていけば、ミネラル不足は補うことが出来ます。

中でも、海藻はマグネシウムや鉄などのミネラルを豊富に含みます。間食に茎わかめを摂ることは、手軽に取り入れられるミネラル補給ですね。また、ミネラルは加熱して成分が壊れることが無いため、お味噌汁やスープにわかめを入れるのも、おススメです。

その他、手軽に取り入れられるものとして、納豆には亜鉛、チーズにはカルシウムが含まれるため、いつもの食事に少しずつプラスして、ミネラル不足を補っていきましょう。

平林沙織 (管理栄養士、美腸プランナー)

美腸協会にて腸マッサージを学び資格取得。


社員食堂や大手アスリート向けサプリメント会社での勤務を経て、現在、働いている方から子育て中のママさん、また学生に向けてフリーで講演会などを行う。