茎わかめコラム

「茎わかめ」が海の野菜?海藻がSea Vegetableといわれている理由

2017.05.08

生物として考えると、ワカメは海藻の一種であって、野菜ではありません。

ただ、食品成分を見ながら分析した結果によると、あくまでたとえ話ですが、海藻は「海の野菜」と呼べるほどの成分(栄養素)が詰まっていることがわかります。


なぜかというと、ワカメには野菜に負けないほどの食物繊維が含まれていて、野菜と同様に低カロリーだからです。

(1)ワカメの食物繊維はどのくらい?

具体的な数値を、食品成分表で見てみましょう。

まず、ワカメの可食部(食べられないところを取り除いた部分)100グラムに、食物繊維はどれくらい含まれているのでしょうか?

海藻も野菜も、どちらも水分が多い食材であることから、乾燥物中の食物繊維の割合をカッコ内に記しました。

海から採れた状態の原藻ワカメには、3.6グラム(32.7%)、
湯通しをした茎ワカメには、5.1グラム(33.8%)、
の食物繊維が含まれています。

一方、野菜については、食物繊維が比較的多く含まれている、にんじん、たまねぎ、ほうれんそうを例にとって見てみましょう。

にんじん100グラムあたりの食物繊維は、2.8グラム(25.7%)、
たまねぎ100グラムあたりの食物繊維は、1.6グラム(15.5%)、
ほうれんそう(通年平均、生)100グラムあたりの食物繊維は、2.8グラム(36.8%)となっています。

以上でお分かりの通り、ワカメには野菜と同等、またはそれ以上の食物繊維が含まれていると言えます。

(2)ワカメのカロリーはどのくらい?

次に、カロリーを見てみましょう。

可食部100グラムあたりの、
海から採れた状態の原藻ワカメは16キロカロリー、
湯通しをした茎ワカメは、15キロカロリー。
にんじんと玉ねぎは、それぞれ37キロカロリー。
ほうれんそうは20キロカロリー。

一般的に低カロリーと考えられている野菜よりも、ワカメはさらに低カロリーなのです。

現代人は野菜不足だとよく聞きますが、食事で野菜を摂ることが難しい日には、ワカメを食べることで、カロリーを抑えながら食物繊維を補うことができるのですね。

今回、ワカメには多くの食物繊維が含まれているだけでなく、低カロリーであることがわかりました。

食物繊維はお通じをよくしたり、腹持ちをよくしたりすることもあると言われています。

家事や仕事の合間のおやつを選ぶには、個包装を開ければすぐにシャキシャキ食べられる「茎わかめ」を選ぶのもいいかもしれません。

『茎わかめLIFE』では、おやつやおつまみにぴったりの「茎わかめ」についての情報をどんどんお届けしてまいります。どうぞ、ご期待ください!

〈参考文献〉
・香川明夫「食品成分表2017」(女子栄養大学出版部)2017年、P60,61,68,69,74,75,112,113
・山田信夫「海藻利用の科学」(成山堂)2000年、P90~103

荒木葉子准教授 (新渡戸文化短期大学 准教授/生活学科食品学研究室)

海洋資源の有効利用の観点から、まだ私たちの食卓に供されていない海藻の食品としての利用を試みています。
卒論ではこれらの未利用海藻を料理に応用するだけでなく、様々な形態に加工するための試作検討を行うとともに、風味などに影響を及ぼす海藻のエキス成分に関する実験やアルギン酸のカプセル料理への応用についても行っています。平成22年から東京ガス(株)との共同研究により、エコ・クッキングに関する研究も取り組んでいます。