茎わかめコラム

ワカメなどの海藻に多く含まれている「フコイダン」。そのネバネバ成分の底力とは?

2017.07.12

納豆やオクラなど、ネバネバ成分が体に良い、とよく耳にしますが、このネバネバ成分は、ワカメをはじめとする海藻にも豊富に含まれています。

今回は、ワカメや海藻に含まれる代表的なネバネバ成分である「アルギン酸」と「フコイダン」のうち、フコイダンの基本情報をお伝えします。

※アルギン酸の基本情報については、「ワカメなど海藻からしかとれない貴重な成分、「アルギン酸」って、どんな成分?化粧品にも使われているって本当?」をご覧ください。

 

私たちが食用としている海藻は、紅藻類、緑藻類、褐藻類の3種類に分けられますが、このうち、フコイダンは「褐藻類」にしか含まれていないと考えられています。

上の表にある通り、褐藻類であるワカメ・コンブ・モズクがどれもヌルヌルしているのは、ネバネバ成分であるアルギン酸やフコイダンを多く含んでいるからなのですね。

さて、このフコイダンはというと、化粧品や加工食品などに活用されているアルギン酸ほど幅広く利用されているわけではありませんが、ここ数年、がんや生活習慣病とも関係で知られることが多くなってきました。

たとえば2004年に発表されたNPO法人フコイダン研究所の研究発表※1によると、実験の結果、「フコイダン混合食品を摂取することで、NK細胞活性が亢進(こうしん)し、それによりガン細胞の増殖が抑制された」ことや、フコイダン混合食品の摂取が「実際のガン患者への治療にも有効」だという記載があります。

またNPOフコイダン研究所のウェブサイト※2によれば、このほかにも、フコイダンには、免疫増強作用やコレステロール低減作用、血圧・血糖値上昇抑制作用など、多くの作用がみとめられるとのことです。

茎わかめLIFEでは、ワカメに関する情報や、ワカメに含まれるアルギン酸やフコイダンなどの魅力も、どんどんご紹介してまいります。

ぜひ、今後も引き続きお読みください!

〈参考文献/ウェブサイト〉

・山田信夫「海藻フコイダンの科学」(成山堂)2006年、P1-13

・※1NPO法人フコイダン研究所「フコイダン混合食品のガン抑制効果;動物実験及び臨床応用」http://www.fucoidan-life.com/academy/pdf/Research%20Institute%20of%20Fucoidan%20article03.pdf(2017年5月23日)

・※2「特定非営利活動法人NPOフコイダン研究所ウェブサイト」http://www.fucoidan-life.com/(2017年5月23日)

このほかのオススメのコンテンツ

・ワカメなど海藻からしかとれない貴重な成分、「アルギン酸」ってどんな成分?化粧品にも使われているって本当?

・「茎わかめ」が海の野菜?海藻がSea Vegetableといわれている理由

 

 

荒木葉子准教授 (新渡戸文化短期大学 准教授/生活学科食品学研究室)

海洋資源の有効利用の観点から、まだ私たちの食卓に供されていない海藻の食品としての利用を試みています。
卒論ではこれらの未利用海藻を料理に応用するだけでなく、様々な形態に加工するための試作検討を行うとともに、風味などに影響を及ぼす海藻のエキス成分に関する実験やアルギン酸のカプセル料理への応用についても行っています。平成22年から東京ガス(株)との共同研究により、エコ・クッキングに関する研究も取り組んでいます。

ピックアップ商品 ピックアップ商品 Pickup