茎わかめコラム

茎わかめを使った簡単レシピのご紹介パート4!

2018.06.22

レモンが爽やかに香る!茎わかめとレモンのかき揚げ

レシピ考案者:新渡戸文化短期大学

食品学研究室 伊藤伸明

かき揚げといえば、一般的には人参、ごぼう、玉ねぎが食材として使われていますが、今回ご紹介するかき揚げには何と、レモンの皮を使った斬新なかき揚げをご紹介いたします。

この料理のポイントは、茎わかめのコリコリとした食感とレモンの皮をつかって爽やかに仕上げた所です。そしてレモンの皮まで使用するので、ゴミも出ないのでエコです。

揚げ物なのに脂っこさを感じず、何個も食べられてしまうかき揚げなので、是非ご家庭で作ってみてください。

材料(1人分)

レモン(国産)1個 薄力粉50g
玉ねぎ1/2個 水80cc
茎わかめ30g
油適量

天つゆ
出汁600cc
薄口醤油100cc
みりん100cc

栄養価

・かき揚げ

 

 

・天つゆ

 

 

作り方

①レモンは、皮を千切り、玉ねぎはスライス、茎わかめはそのまま。

 

 

②小麦粉と水はしっかり混ぜておく。

③鍋に油を入れ火をつけます。180℃になったら揚げ始めます。

④さい箸を使ってかき揚げを形成し熱した油に入れる。

⑤きつね色になったらフライ返しでひっくり返し反対側にする。

⑥両面色がついたらバットに挙げ完成。お好みでレモンをかけても美味しくお召し上がりいただけます。

次回の茎わかめレシピは「茎わかめの炊き込みご飯」をご紹介いたします。

お楽しみに。

荒木葉子准教授 (新渡戸文化短期大学 准教授/生活学科食品学研究室)

海洋資源の有効利用の観点から、まだ私たちの食卓に供されていない海藻の食品としての利用を試みています。
卒論ではこれらの未利用海藻を料理に応用するだけでなく、様々な形態に加工するための試作検討を行うとともに、風味などに影響を及ぼす海藻のエキス成分に関する実験やアルギン酸のカプセル料理への応用についても行っています。平成22年から東京ガス(株)との共同研究により、エコ・クッキングに関する研究も取り組んでいます。