茎わかめコラム

茎わかめで集中力アップ

2018.08.31

連日の暑さでなんだかぼんやりすることありませんか?

この暑さの中でも働く方々は会議やプレゼンがあったり、学生も夏休みとはいえ、試合や宿題があったり、集中しなくてはいけない時がありますよね。

ぼんやりとした頭をシャキッと目覚めさせるのに、茎わかめが効果的ということをご存じでしょうか。

●脳の刺激に茎わかめ?

茎わかめがなぜ頭をシャキッとさせるのか。それは茎わかめの食感にあります。

他の海草に比べて歯応えのある茎わかめは、必然的に噛む回数が増えます。

この、"噛む"という行為が脳への刺激に繋がります。

人は噛むときに咬筋(こうきん)という顔の筋肉を使います。

この咬筋を使うことで、三叉神経が活発化し、記憶に関係をしている前頭前野や海馬が刺激されます。前頭前野は、人間だけが持つ知的領域で、物事の判断力や、集中力、コミュニケーション力を担っています。

海馬は記憶形成に関わっています。海馬に送られることで短期記憶として保存され、その後、大脳に送られることで長期記憶に繋がります。そのため、噛むことを増やすと記憶力がアップしやすくなります。

また脳への血流が上がることで脳に酸素が送り届けられるため、眠気を抑える効果も期待できます。

噛むときのリズムも脳に良い?

噛むことは、脳への血流を上げるだけでなく、単純作業の繰り返しで、一定のリズム運動にもなります。

一定のリズムを刻むことで意識の散漫を防ぎ、集中力アップに繋がり、また、ストレス発散の効果が期待されます。

●噛むことの様々なメリットとは?

噛むことは集中力を上げるだけでなく、様々なメリットを生み出します。

・あごの骨が丈夫になり、歯並びがよくなる          

・食べ物を良く噛むことで消化しやすくなり、胃腸の負担を減らします

・噛んで食べることで、満腹中枢が刺激され、暴食を防ぎます

・唾液の分泌が多くなることで、虫歯や歯周病の予防にも繋がります

普段の食事からよく噛むことを心がけ、頭をシャキッとさせたいとき、集中力を発揮したいとき、栄養のプラスαにもなる茎わかめを良く噛んで食べることをおすすめします。

 

平林沙織 (管理栄養士、美腸プランナー)

美腸協会にて腸マッサージを学び資格取得。


社員食堂や大手アスリート向けサプリメント会社での勤務を経て、現在、働いている方から子育て中のママさん、また学生に向けてフリーで講演会などを行う。